AS CAMP BLOG

キャンプ・アウトドアの道具の紹介をしてます。

キャンプに行ったら、子どもと虫取りをして遊んでみる

 

昆虫採取

アウトドアが好きな人に多い虫取り好き

アウトドア好きの皆さん、こんにちは。アウトドアは山に川、自然を満喫できる素晴らしいアクテビティです。特にキャンプは一日中楽しめ人気です。そして出来れば色々な方法で自然を楽しみたいもの。

 

 

アウトドアは危険がいっぱいなので子ども連れでは

そこで今回は、お子様受け間違いなし。昆虫採集のご案内です。本記事を参考にして、お子様の思いでにアクセントを加えてあげましょう。  アウトドアには危険が沢山。しかも昆虫採集は整備されていない山の中へ入る必要がある為、特に注意が必要です。少しでも安全を確保する為、できるだけ採集は日中に行うようにしましょう。キャンプでないと難しいかもしれませんが、明け方がクワガタ・カブトムシが多くお勧めです。

 

 

 

虫取り・昆虫採取に必要なモノは何??

まずは道具を揃えましょう。以下にリストを作成しましたのでご活用下さい。 ・虫かご ・軍手 ・虫よけスプレー ☆長靴 ☆懐中電灯 ☆ピンセット  ☆は忘れやすいので注意して下さい。  

 

 

 

どこをねらったら昆虫採取が出来るのか? ココだ!

続いては虫が多く集まる、場所と木の選び方です。山でのアウトドアなら簡単に条件を満たせます。  場所はちょっとだけ道を外れたところ、キャンプ場等のすぐ近くで十分です。風通しがいい、開けた場所を選びましょう。

 

 

下草が生い茂っていればなお良しです。また、川や池が近くにあり、空気が湿っている事も重要です。  

昆虫はクヌギやコナラの樹液に多く集まります。どんぐりがついている木、と覚えておけば良いでしょう。クワガタ等が樹皮の下で液をなめている場合があります。

懐中電灯とピンセットを使って採集してみましょう。しかし、キャンプ場によっては杉しか見当たらない場合もあります。。  

 

また、クワガタは木の上の方で休んでいる場合があります。樹液が出ていない木でも、蹴ってみるとクワガタが落ちてくる事があります。しかし蹴り方には注意しましょう。足の裏側でけるようにして下さい。
間違っても足の甲で蹴らないように。

筋を痛め、最悪の場合病院で診てもらうハメになります。因みに、私はなりました。  そして、

 

 

季節によってはハチやマムシにも注意です!

昆虫採取

ハチやマムシには最善の注意をしましょう。子供は注意を分散する事が苦手です。大人が変わりに周りを見てやりましょう。これはアウトドア全般に言えることですね。  準備、木、安全。場所、これらの知識があれば、多くの場合なんらかの昆虫に出会えます。アウトドア、特にキャンプでは殆どの条件が満たされています。

 

お子様の思いでに、昆虫採集で色を添えてみませんか??