AS CAMP BLOG

キャンプ・アウトドアの道具の紹介をしてます。

火起こしってなんで、、こんなに楽しいのかな?

火起こし

 

キャンプ・アウトドアの基本の火起こしをやってみよう!

【アウトドアの基本】キャンプで火起こしを簡単にする方法 キャンプと言ったらバーベキュー。 バーベキューと言ったらはじめにやるのが火起こしです。 火起こしは言わばアウトドアの基本です。

 

 

直接、炭にライターで火を着けようとしているツワモノも?!

この火起こしをいかに早く出来るかで、後のバーベキューをスムーズに楽しむことが出来ます。 今回は、火起こしのコツについて紹介します。

 

1.着火剤の活用。 着火剤の良いところは、早い、安い、カンタンの三拍子が揃っているところです。 キャンプ以外の場面でも見る機会はあるかと思います。 アウトドアには必須のアイテムですね。 [木炭] 木炭は、揮発性油やアルコール等不使用。

手を汚したりいやな臭いがしない。 ・着火に必要な量だけ割ってご使用でき発火性が強いのが特徴です。

 

 

 

[ゼリー燃料] 木炭への着火に便利なゼリー燃料。 逆止弁採用により、一度出た燃料が容器内に戻らない。 燃える炎が確認できるように赤色火採用。※燃焼中の継ぎ足しはできません。 着火剤は、カンタンに火起こしが出来るのでアウトドアには必須のアイテムといえるでしょう。

 

2.炭の並べ方 火を起こしたら炭を並べます。 炭と言っても様々な種類があります。 今回は、2種類の炭をご紹介します。

バーベキューの炭は、種類によって燃えている時間が違います。それでは見ていきましょう。

 

●黒炭・切炭 スーパー、ホームセンターなどで販売されている炭は、黒炭です。着火をしてから2時間程度の燃焼時間を保つことができます。

 

●白炭 黒炭、切炭に比べて金額が高いのが白炭です。燃焼しにくいのが特徴の炭ですが、着火してからの燃焼時間が違います。その時間はおよそ8時間程度。 火力を保ち続けることができ、炭の質によって燃焼時間が異なってくるので、必要な量を考える際の参考にしてみるのもいいかと思います。

 

火がついてくると、キャンプ中の雰囲気もグッと高まりますね。

 

キャンプ・アウトドアの火起こしのまとめ

 

今回は、 「【アウトドアの基本】火起こしを簡単にする方法」についていくつか紹介させて頂きました。 アウトドアは何かと手間がかかり大変な場面も多々あります。しかし、普段当たり前に使っている火も苦労して起こせば喜びも倍増します。

 

それがキャンプの醍醐味ともいえますね。

 

今回紹介した方法を使いスムーズに楽しく火起こしをして、みんなで作った美味しい料理を存分に楽しんでくださいね♪

 

 

注意点

キャンプ・アウトドアでいう火遊びは、知識・常識のなかで行う火遊びです。
着火剤を大量に炭に投入したり、火に直接着火剤をかけたり、またライターオイルをかけたりすることは大変危険です。

またそのような行いは子育てに全く役立たたない事なので、お子様にもしっかりと教えてあげて下さい。