AS CAMP BLOG

キャンプ・アウトドアの道具の紹介をしてます。

キャンプに必需品のテント トンネルテントはどうですか?

 

Tents

 

 

テント選びは慎重に

居住性と設営の簡単さのバランスの良いテント キャンプやアウトドアを始めるにあたりテントは必需品です。

 

テント選びはかなり重要なだけに悩みもあります。機能性やコストパフォーマンスやデザインやブランドと選択する要素も多いです。今回は経験を基にアウトドアやキャンプで使用するさいに設営の簡単さと居住性のバランスの良いテントを紹介します。

 

 

私がオススメする居住性と設営の簡単さのバランスが良くアウトドアやキャンプにぴったりなテントは、トンネル型テントになります。

 

トンネル型テントとは?


How to pitch Nordisk Reisa 4


メインポール3〜5本を平行にアウターのスリーブに差し込みます。アウターの設営が完成した状態がトンネルの様な形状になっている事からトンネル型と呼ばれています。

またジャバラの様に立ち上がる事からジャバラ式テントと呼ばれる事もあります。

 

そして内側にインナーテントを吊るします。前室と寝室の2ルームテントになる構造になっています。 トンネル型テントで1番のオススメがノルディスクのレイサになります。

 

このテントはレイサ4とレイサ6があり文字通り4人用と6人用になりアウトドアの際に少人数によって購入する際に選択できます。

 

非常にしっかりとした作りになっておりデザインもオシャレで気分が上がります。またインナーテントには小物などが収納出来るポケットがいくつもあり、アウトドアやキャンプで非常に利便性の高いテントになります。

 

Tent Testing

初心者に優しい設営が簡単なテント

更に設営が非常に簡単でアウトドアの際に時短になります。
具体的なノルディスク レイサのメリットは

 

・構造がシンプルなので設営が簡単   

・ポールの本数も少なく収納時み嵩張らない   

・寝室とリビングと2ルーム確保出来るのでバランスよく快適 逆にデメリットとしては、 ・スカートがないので冬は寒い。

・生産しているブランドが少ない。

 

総合的に判断してもアウトドアで利用する際に非常に利用しやすいテントであると言えるでしょう。ポールの本数も少なく最で前後4本のペグだけで設営が出来ます。またインナーテントも吊るすだけになります。ファミリーキャンプにぴったりなテントです。

 

ノルディスクはコットンテントは初心者には少し待った!

ノルディスクのテントといえば、コットンテントですが、コットンと言われてますが、防水加工がきっちりとされていてコットンぽくはないですが、、コットンなんです!

 

ということは、やはり湿気には注意です。

 

雨のキャンプ日に使った場合は、そのまま乾燥サービスにキャンプ場から送るぐらいのつもりでなければカビの問題に直面します。

 

テントのカビの問題はコットンテントに限らず、普通のテントで起こりうる問題ではあるのですが、より注意が必要なのがコットンテントです。

 

コットンテントのカビ問題に対策はある??

私の場合はまずテントやキャンプギアを倉庫には保管してません。
家の中の通気性の良い部屋に保管してます。

これは普通のスノーピークのテントもそのように保管してます。

 

次に大切なのが雨の日にキャンプが当たった場合です。
雨だからってキャンプ中止にする方もいますが、テントって本来は雨や風を防ぐものなので、キャンプ中止は私のなかではナンセンス。

 

ではどうするか、、、雨の日に当たれば、、出来る限り早く乾燥をすることです!

ただただこれだけ。 

 

雨の日のキャンプは泥水が、、ってこともありますし、芝生の上では嫌なほど芝がくっつきます! 最悪です。

 

乾燥だけではなく、軽く洗ってくれる乾燥サーボスがあススメです。

 

まとめ

初心者はテントは小型+タープがおすすめ

設営の簡単さとおしゃれ感を満喫するにはコットンテントもおすすめですが、管理に気合が大切